谷啓時代(NHK第1期)

”A CHARLIE BROWN CHRISTMAS”('65)から”IT WAS A SHORT SUMMER, CHARLIE BROWN”('69)までの6作品を第1期とする。(注1)

初回放送は1971年12月25日の”A CHARLIE BROWN CHRISTMAS”。
次いで、1972年1月3日~7日の5日間で残りの5作を放送した。
再放送は1972年8月14日~18日までの5日間で「クリスマス」以外の5作、同年12月24日に「クリスマス」を放送した。(注2)

50代以上の人はこの谷啓版が原体験のという人は多いだろう。はじめは勿論違和感があったがクレージーの映画などでみせる谷啓の苦悩の表情がだんだんチャーリーブラウンと重なるようになっていった。
ルーシーのうつみ宮土理は結構誰でもはまり役と思ったのではないだろうか。しかしシュローダーやバイオレットのだみ声、シャーミーのマヌケ声にはちょっとがっかりしたような。

チャーリーブラウン・・・谷啓
サリーブラウン・・・加藤みどり
ルーシー・ヴァン・ペルト・・・うつみ宮土理
ライナス・ヴァンペルト・・・小宮山清
シュローダー・・・肝付兼太
ペパミントパティ・・・林洋子※
ピッグ・ペン・・・八代駿
パティ・・・山本嘉子
バイオレット・・・?
シャーミー・・・?
フリーダ・・・?

判らない役が多い!。(注3)
小宮山清というと結構12chアニメの常連というか。同じツルコミ系アニメ(?)のビートル・ベイリー役も確か氏だったと思う。
サリーの加藤みどりというのは、本人がそう言っているので。どーもサザエさんのイメージが・・・。

(注1)
私はこの第1期を観ていない(後に東京12chで観た)ので、新聞だけを頼りに書いてます。で、どうも「ネコジャラ市の11人」を中断して放送していたようなのだが・・・「ネコジャラ市の11人」観てたよなあ・・・。裏番組は「巨人の星」「あしたのジョー」「ウルトラセブン」など(全て再放送。同一原作者の番組がかぶってるぞ)。当時の6時は完全に子供の時間帯だったという事がうかがえる。

(注2)
この日は偶然にもスヌーピーが大ファンの「ペギー・フレミング・ショー」を引き続き放送していた。

(注3)
眠田直さん及びWILE.Eさんに情報提供いただきました。