なべおさみ時代

"YOU'RE THE GREATEST, CB"('79)から"IT'S AN ADVENTURE,CB"('83)までの約7本(※注1)をなべおさみ時代の作品群とよぶ。

「まんがスヌーピー」終了から3年後の1981年。放送局は再びNHKとなり、放送10年目にして初めて全てのキャストを一新(厳密にはフランクリン役の西川幾雄だけ続投)、そして「まんがスヌーピー」最終作の次の作品から放送を開始した。

初回放送は1981年3月20日の "YOU'RE THE GREATEST, CB"。以後、27日に"SHE'S A GOOD SKATE ,CB"、4月5日に"LIFE IS A CIRCUS, CB" と、3週連続で毎週金曜日に放送された(同年5月3~5日には早くも再放送)。

翌1982年9月25日には "IT'S MAGIC,CB", "SOMEDAY YOU'LL FOUND HER ,CB" の2本が初の"45分枠2本立て"という仕様で登場。

1985年には"A CHARLIE BROWN CELEBRATION"、 "IT'S AN ADVENTURE ,CB" の2本の1時間枠の作品を放送した。このうち"A CHARLIE BROWN CELEBRATION"についてはテレビ・ビデオを含め今日に至るまで、吹替はこのなべおさみ版しか存在しない。

なべおさみ版が本領発揮するのは実はこの後である。

谷啓時代の旧作17本を全て吹替え直し、1985年7月から12月の間に新作の再放送を合わせ、大量の22本を放送したのである(この旧作ではマーシー役が鵜飼るみ子から木藤聡子へ交代した)。

更に翌1986年は2月22日の"IT'S MAGIC,CB", "SOMEDAY YOU'LL FOUND HER ,CB" の2本立て再放送を皮切りに、遂に4月10日から毎週木曜日4:30放送のレギュラー番組となる。10月30日までの7ヶ月間に大相撲中継や政見放送などによる休止を挟みつつ18話を放送した。(※注2)

チャーリーブラウン・・・なべおさみ
サリーブラウン・・・斉藤友子
ルーシーヴァンペルト・・・一条みゆ希
ライナスヴァンペルト・・・塩屋翼
リーラン・ヴァン・ペルト・・・平野義和
シュローダー・・・島田敏
ペパミントパティ・・・神保共子
マーシー・・・鵜飼るみ子&木藤聡子
フランクリン・・・西川幾雄
バイオレット・・・榊原良子
パティ・・・吉田恵美子
シャーミー・・・幹本雄之
フリーダ・・・富山峰子
ロレッタ・・・小川菜摘
トラフルズ(トリュフ)・・・?
ユードラ・・・?
オースティン・・・田中真弓
ルビー・・・吉田美保
リランド(リーランド)・・・神代千恵
マイロ(ミロ)・・・松島みのり
エース・カントリークラブの主任・・・水島裕
フットボールの試合のチアリーダー・・・及川ひとみ、小川菜摘、秋山裕美

谷啓時代には賛否両論があったが、それでもそれに慣れ親しんだ身としてはこのなべ版にはちょっと馴染めなかった。苦悩を含んだ谷啓に比べて、なべは単なるノロマっぽい感じだし、ルーシーにしてもうつみ宮土理が良すぎたので残念に思えてしまう。Pパティの言う「チャック」は全て「チャーリー」に変えられており(これはマーシーの「先輩」どころではない)、この違和感はどうしようもなかった。

更にいえば削除シーンが多く、"YOU'RE IN LOVE ,CB" , "IT'S THE GREAT PUMPKIN ,CB" などはラストをカットしていて台無しにしてしまった。(※注3)

今観直してみると、実は結構すんなり観られる。確かに変に突出した所も無く無難な配役で、ライナスも二枚目声で問題なし。全国放送で1時間ものを含んだ大量のエピソードを連続放送したことはやはり評価しなければならない。

(注1)
"YOU'RE THE GREATEST, CB"('79)から"IT'S AN ADVENTURE,CB"('83)までは8本あるが"IS THIS GOODBYE,CB?"(83)のなべ版吹替は存在しないようなのでこういう曖昧な書き方にした。

(注2)
これ以降も長期休暇シーズンに度々再放送されるのだが、あまり放送が多くても埋め草作品にまで落ちて(?)しまったように感じられた。

(注3)
殆どの作品がラストシーンをカットされているのだが、特にこの2本は特筆すべき。"YOU'RE IN LOVE ,CB"では、ラストの坂道のシーンは全部カット。最初の「やったー!」でおしまい。

"IT'S THE GREAT PUMPKIN ,CB"では、CB:「昨日はずっとカボチャ畑にいたの?」 ライナス:「うん」、でブツッと終わる。

 [日本語吹替INDEX]