カテゴリー「ピーナッツ・音楽」の205件の記事

2022.09.18

チャーリー・ブラウンのクリスマスのゴールド・ジャケット盤を入手

20220918_161912

「チャーリー・ブラウンのクリスマス」のゴールド・ジャケット盤を買いました。

いやー、かっこいいジャケットですね。

このアルバムを買うのは、CD・LP含めて12枚目になります。コレクターだなー。

ヨーロッパ盤とは聞いていましたが、イタリア盤でした。

マスタリングは1988年のものを使っているようですので、既に持っている何枚かのCDの方が音質は良いと思われますが、本盤は180g重量盤になっておりまして、この硬くてずっしりする質感は何となくそれだけでいい音がしそうなわくわく感があります。

早速聴きましょう。

てな感じで。

 

| | コメント (0)

2022.01.11

べンチャーズの"Snoopy Vs The Red Baron"を聴く

ベンチャーズの1967年のアルバム"Guitar Freakout"に、ロイヤルガーズメンの"Snoopy Vs The Red Baron"が収録されているのを知りました。

20220111

アレンジはまあ普通でしょうか。ベンチャーズとしても凡庸な感じですね。掛け声とか入っていて楽しんでる感じはしますが。

しかし、ベンチャーズにカヴァーされているとは、さすがにヒット曲ですね。

 

| | コメント (0)

2021.12.16

ベートーヴェンの誕生日

今日12月16日はベートーヴェンの誕生日です。

有休を取って一日中ベートーヴェンを聴きまくりました。

プレイリストはこんな感じ。

3大ピアノソナタ/バックハウス
交響曲第9番/カラヤン&フルハーモニア管
合唱幻想曲/ゼルキン,バーンスタイン&ニューヨークフィル
交響曲第4番/クライバー&バイエルン
三重協奏曲/ヤンドー他
チェロソナタ全集/ロストロボーヴィチ&リヒテル
選帝侯ソナタ第1~3番/ヤンドー
リスト編曲交響曲第9番/カツァリス
序曲全集/ノイマン&チェコフィル
ピアノ協奏曲全集/ブレンデル,ラトル&ウィーンフィル

このくらいが精いっぱい。もっと聴きたい曲がありましたが時間が無い。

20211216_1141

ちなみに、「悲愴」の第2楽章は、映画"A Boy Named Charlie Brown"のシュローダーの幻想的なシーンでかかる曲です。

バックハウスはステレオでも全集を録音してますが、私はこのモノ盤が好きですね。

20211216_221258

ベートーヴェンは不滅なり。シュローダー、ともに祝おう。

 

 

| | コメント (0)

2021.10.29

デヴィッド・ベノワのクリスマス

"It's A David Benoit Christmas !" というCDを入手しました。デヴィッド・べノワのピアノ・ソロ・アルバムです。

20211029_152046

2020年に発売されていたようですが、日本盤(といっても輸入盤に日本のJANコードと邦題が書いてあるシールが貼ってあるだけ)は今月の21日に発売になったようです。

因みに邦題は「デヴィッド・ベノワのクリスマス」。

販売しているのは、"Steinway & Sons"。スタンウェイってレーベル持ってたんですね。

このアルバムは、ヴィンス・ガラルディ・ナンバーとクリスマス・ナンバーで構成されています。録音は "Linus And Lucy" のみ2016年で、あとは2017年になっています。

それにしても、デヴィッド・ベノワはガラルディの曲を集めたアルバムを何枚出すのだろうか。直近では2015年に "Believe" というガラルディとクリスマスの曲を集めたアルバムを出したばかりですよ。

で、内容ですが、素晴らしいの一言。聴かせますなア。"Linus And Lucy" だけ違うセッションで録音されているためか、他の曲とちょっと毛色が違います。

"Christmas Time Is Here" で始まって、"Hark! The Herald Angels Sing" で終わるという構成も、実際のアニメ・スペシャルを意識してのことでしょう。さすがベノワ。

今年のクリスマスはこれで決まりですな。

 

| | コメント (0)

2021.10.01

なぜヴィンス・ガラルディの後任をエド・ボガスにしてしまったのだろうか

ヴィンス・ガラルディが1976年に死去したあと、ピーナッツのTVスペシャルの音楽を担当したのはエド・ボガス(とその他)であった。

70年代後半、既に時代はジャズではなかったかもしれないですが、何故所謂サントラ屋さんのエド・ボガスを後任にしたんでしょうか。「フリッツ・ザ・キャット」「ガーフィールド」など、メレンデス・プロになじみのある作曲家ではありますが…。

それにしても、エド・ボガスの音楽の評価は低いです。

ピーナッツのTVスペシャルを観て、音楽に感動した、初めてジャズを知った、と証言している著名なミュージシャンはたくさんいます。ガラルディに影響を受けた彼らは、のちにガラルディをカヴァーしたアルバムなどを多数発表しました。しかし、エド・ボガスについては皆無です。アルバムになっているのは唯一「フラッシュビーグル」のみ。劇場版3・4作目もサントラ盤は発売されてません。

実際の音楽がどうだったかといいますと、最初に手掛けた「チャーリー・ブラウンのファーストキス」は、良かったと思います。その次の「スヌーピーの悪夢」までは「ライナス&ルーシー」をアレンジして使うなど気は使っていたようですが、それ以降の作品では凡庸で、ガラルディ時代にあった「美しい音楽に感動する」という体験は全くできなくなりました。ガラルディの伝記によると、この傾向にはシュルツさんもご立腹だったそうで、40周年記念アルバムを契機としたガラルディ再評価の波に押されたのでしょうか、90年代からはガラルディを崇拝しているデヴィッド・ベノワが起用され、ガラルディ・ナンバーを取り入れるなどして音楽面はだいぶ復興しました。この関係は作品がメレンデス・プロを離れるまで続きました。

今日、基本的にピーナッツの音楽というのはヴィンス・ガラルディの音楽ということになっています。哀れエド・ボガス(とその他の作曲家)。

 

| | コメント (0)

2021.08.19

カボチャ大王のカボチャ型レコード

8月27日に発売になるようです。ただし輸入盤のみ。

20210819

これはちょっといいかもしれません。

| | コメント (0)

2021.02.13

チック・コリア死去

チック・コリアが亡くなりました。

昨日は「アコースティックバンド」を聴いて追悼しました。チック・コリアのピアノはジャーンと弾いた後の余韻がかっこいい(語彙が貧弱で申し訳ない)。

ピーナッツとチック・コリアの縁といえば、40周年記念盤 "Happy Anniversary, Charlie Brown" 収録の "The Great Pumpkin Waltz"ですね。アルバム中唯一のどジャズ・ナンバー。正にアコースティックバンドの延長線上にあるサウンドで、とても渋いアレンジ。ジョン・パティトゥッチのベース・ソロもいいですね。

ベース・カヴァーの動画をみつけましたので、貼ってみます。

 

| | コメント (0)

2021.01.22

ジャズの日

1月22日はジャズの日です。

ピーナッツでジャズといえば、当然ヴィンス・ガラルディですね。

ピーナッツをきっかけにジャズを聴こうかという人もいるかと思います。まずは「スヌーピーのクリスマス」から聴き始めるなんてのは、いいかもしれませんね。

そこから先は、ガラルディのピーナッツ以外のアルバムは中々渋いのが多いので、アート・ブレイキーとジャズメッセンジャーズあたりを聴くなんてのが個人的にはおすすめです。

| | コメント (0)

2020.12.18

今年の"Christmas Time Is Here"

YouTubeには毎年新しい"Christmas Time Is Here" のカヴァーがいくつもアップされますが、その中からジャズシンガー、ステイシー・ケントのヴァージョンをピックアップします。

ステイシー・ケントはソニーからアルバムが出ていましたが、最近は日本盤が出ていないですね。

そのほか、コロナの影響でしょうか、リモートでセッションするようなものも幾つか。YouTubeで検索してほっこりするのもいいですな。

| | コメント (0)

2020.12.16

今日はベートーヴェンの誕生日

いよいよ来ました、ベートーヴェンの誕生日。250周年おめでとうございます。

毎年ベートーヴェンの誕生日にはベートーヴェンの曲を聴いてます(ほかの日にも聴きますけどね)。

今夜聴くものはもう決めてあります。

1979年に行われた、カラヤン&ベルリンフィルの来日公演から、第九です。これは当時FMで生放送されたものをエアチェックしました。音質はそれなりに悪いですが、生放送ならではの臨場感があっていいと思います。久しく聴いてなかったなあ。

合唱はウィーン学友協会合唱団。ソリストもアンナ・シントウ、ペーター・シュライヤーなど。超豪華です。

20201216_101347

シュローダー、ともに祝おう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧