カテゴリー「ピーナッツ・音楽」の144件の記事

2018.10.14

買うべきか買わざるべきか

https://www.amazon.com/Its-Great-Pumpkin-Charlie-Brown/dp/B07G1YKQ8Z/ref=sr_1_4?s=music&ie=UTF8&qid=1539460567&sr=1-4&keywords=charlie+brown

カボチャ大王のサントラ、購入に関してはamazon.comのカスタマー・レビューを参考にされるのが良いかと思います。

私は買います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.13

カボチャ大王のサントラ米で評判悪し

"It's The Great Pumpkin, Charlie Brown" のサントラ盤は10月12日に発売延期になりましたが、amazonからはまだ発送日の連絡はありません。困ったもんです。

 
MP3では既に販売しており、試聴もできてしまうので尚困ったもんです。楽しみが減るので試聴はしていませんが。
 
・・・・・・
 
偶然amazon.comの方のレビューを見てしまったんですが、星2つと厳しい評価。
音楽だけでなくSEも入ってしまっているようなのです。
てことは、このアルバムはMEテープから作られたもの。てことは、マスターテープはもう紛失しているということなんでしょうな。残念。
 
しかし、私は評価します。そのような状況でも販売に踏み切ったわけですから。どうか想像を下回らないものでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.07

ハピネス

「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」の「ハピネス」の動画を見つけました。
 
ピアノアレンジになっています。
 
いい曲だなあ、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.03

CD1週間発売延期

"It's The Great Pumpkin, Charlie Brown"のサントラの発売日が1週間ずれて10月12日になりました。

たかが1週間、されど1週間。無事発売されることを祈りつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.15

いい人だね、チャーリー・ブラウンを観た

於、溝ノ口劇場。

20180914_184536

今回の配役は前回の「きみはいい人」と比べると、あまり有名でない役者さんだったんですが、良くまとまっていていいミュージカルでした。

小さい小屋とはいえ満員でしたし、うけるところはうけていたし。

女優によるスヌーピーってどうなんだろう、と思っていましたが、意外にはまっていました。

ルーシー役の人の泣きの演技、すごかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.14

いよいよ今日が初日

溝ノ口劇場の「いい人だね、チャーリー・ブラウン」は、いよいよ今日からです。

動画を見る限り、悪くなさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.09

《発売延期未定》ベイ・オブ・ゴールド~ザ・ミュージック・オブ・ヴィンス・ガラルディ Vol.3

コレクションの整理に手を付けたものの、新しいものが出れば結局買ってしまうという。これは性なんだろうなあ。
 
ジョージ・ウィンストンが「ザ・ミュージック・オブ・ヴィンス・ガラルディ」のVol.3を発売するそうです。3枚も出すとは、すごいぞジョージ・ウィンストン。でも、さすがに非ピーナッツの曲が増えそうな気がする…。
それでもあんまりネタがない出版状況に比べて、音楽の方は色々あって楽しみだなあ。
しかし、発売延期未定というのがちょっと。公式サイトにも情報が無いし。いつ出るんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.04

カボチャ大王サントラ盤発売決定!

Itsthegreatpumpkincharliebrown

なんと、「チャーリー・ブラウンとカボチャ大王」のサントラ盤が発売されることになりました!

これはビッグニュース!

17トラック収録で、発売は10月5日。日本盤は出るかな?

「クリスマス」と違って、初めから商品化を想定して録音されているわけではないので、音質はある程度悪いでしょう。しかし、そんなことはどうでもいい、嬉しい!

この調子で来春には「ヴァレンタイン」のサントラとか、出たらいいなあ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.09.01

Complete Warner Bros.-Seven Arts Recordings

9月になりました。

ヴィンス・ガラルディの7月に発売になった "Complete Warner Bros.-Seven Arts Recordings" というCDをやっと入手しました。

20180830_202612

 
ヨーロッパのレーベルからの発売で、そのせいかamazonでもタワーでも扱いが無かったのです。
 
内容は、ガラルディの3枚のアルバム "Oh, Good Grief !" , "The Eclectic Vince Guaraldi" , "Alma-Ville" と4曲の未発表曲を2枚組CDにしたというものです。
 
未発表の4曲中3曲はカヴァー曲でした(実はガラルディはピーナッツ関係のアルバム以外はカヴァーが多いのです)が、1曲だけオリジナルがありました。
"The Share Cropper's Daughter" というタイトルのその曲はメロディをピアノと口笛でユニゾンするという、「ミステリーだよ、チャーリー・ブラウン」に近いサウンドでした。
こんな名曲が埋もれていたのか、というようなレベルではありませんが…。
 
2018年になっても、まだ未発表曲が出てくるヴィンス・ガラルディ。
何よりも、まだ需要があるというのがすごいし嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.13

ミュージカル早割前売り券を買ってしまった

「いい人だね、チャーリー・ブラウン」の早割前売りが今日までだったので、結局前売りを買ってしまいました。

これで観に行くこと決定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧