カテゴリー「ピーナッツ・アニメ」の312件の記事

2022.04.16

スヌーピープレゼンツ:それは小さなことだけどを観る

昨日4月15日、Apple TV+でピーナッツの新作アニメ「スヌーピープレゼンツ:それは小さなことだけど」が配信されました。

20220416

前作の「蛍の光」からわずか4か月での新作。ありがたやありがたや。

今回はサリーがメイン。チャーリー・ブラウンのピッチャーズマウンドに咲いたタンポポが好きなってしまったサリー。おかげで野球の練習もままならない。ルーシーまで便乗し、球場はさしずめフラワー・チルドレンの集会のようになってしまう。

中盤の挿入歌の部分でサイケになるのは、本当にヒッピー・ムーヴメントを意識しているのかもしれません。ちょっと「フィニアスとファーブ」っぽくも感じました。

タンポポがあんなことになっても発狂しないのは今一サリーっぽくはないですが、それは前作「蛍の光」のルーシーも同様、キャラクターの別の一面を見せる演出でしょうか。

あと、チャーリー・ブラウンが大人だなーと感じました。自分もいい年ですが、同じようなシチュエイションになった場合、果たして妹にどんな態度で接せられるだろうかと考えてしまいました。サリーも素直でいい子。

またしてもいい作品を観させてもらいました。

Apple TV+に移ってからずっと音楽を担当しているジェフ・モロウもいい仕事をしてますな。

その他、モブキャラに懐かしいマイナーキャラが多数出演。

 

| | コメント (0)

2022.04.13

ライナス声優松島みのりさん逝去

昨日訃報が流れましたが、声優の松島みのりさんが逝去されました。

松島みのりさんは、劇場版ピーナッツ・アニメの70年代の野沢雅子版と、80年代の松岡洋子版でライナス役を務められました。賢くて良い子そうな感じのライナスは、中々好感が持てましたね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

| | コメント (0)

2022.03.12

スヌーピーのショータイム:シーズン2配信開始

スヌーピーのショータイムの新シーズンが3月11日に配信開始されました。

とりあえず、エピソード1を観ました。

202203120941_20220312100701

相変わらずのお子様な内容なんですが、「蛍の光」のような作品も作ってくれるとわかったので、広い心で観ます。

一気見すると、5~6時間かかるので、まあゆっくり観ましょう。

ちなみに、今回からチャーリー・ブラウンとペパミント・パティの声優が変更になりました。

一聴して変わったとわかります。似た声の声優を起用するという意図は無いようですな。

 

| | コメント (0)

2022.02.15

かくて終わりぬ

ああ。

シュルツさんの命日もヴァレンタインデーも終わりましたね。

今月はApple TV+の方で"A Charlie Brown Valentine"が配信されると踏んでいたんですが、外れました。

"Be My Valentine, Charlie Brown"の邦題が「大好きよ、チャーリー・ブラウン」だったのは、この作品用に「チャーリー・ブラウンのヴァレンタイン」というのを取っておいたのではないかと読んでいたんですがねえ。

まあ名作ってわけではないのでいいか…。

 

| | コメント (0)

2022.01.26

初代チャーリー・ブラウン声優ピーター・ロビンスさん逝去

ピーナッツ初のテレビスペシャル「チャーリー・ブラウンのクリスマス」で、チャーリー・ブラウンの声優を務めたピーター・ロビンスさんが1月25日に亡くなられたそうです。

チャーリー・ブラウン役としては1969年の「スヌーピーとチャーリー」まで務められました。

「ピーナッツムービー」が映画化されるときには、再アニメ化反対の声明を出したり、かと思えば殺人依頼の罪で実刑判決を受けたりと、晩年は色々あったようですが、とりあえずお疲れさまでしたと言いたいです。

ご冥福をお祈りいたします。

 

| | コメント (0)

2022.01.09

ディズニーチャンネルで「アイラブスヌーピー」を観る

1月7日にディズニーチャンネルで「アイラブスヌーピー」が放送されたので、一応確認のために観ました。

改めて観ますと、わざととはいえカクカクした動きが意外に気になりました。「蛍の光」のほうがスムーズで受け入れやすい感じです。

エンディング曲は劇場公開の時と同じく絢香でした。うーん残念。英語音声に切り替えるとメーガン・トレイナーになりますので、雰囲気を味わうには英語音声がおすすめですな。

ところで、今回の放送についてSNSなどで「ディズニーチャンネルで放送されるのが驚き」というような意見が見受けられました。制作したブルースカイスタジオがディズニーに買収されたからだと思うんですが、そういう事実が無くても別に驚く必要はないと思うんですがねえ。元々ディズニーチャンネルというのはディズニー以外の作品も放送していますからね。

てな感じで。

 

| | コメント (0)

2022.01.01

ハッピーニューイヤー チャーリー・ブラウンを観る

新年あけましておめでとうございます。本年も拙ブログをよろしくお願いいたします。

20211231

Apple TV+で配信された「ハッピーニューイヤー チャーリー・ブラウン」を観ました。

新年を控え、ペパミント・パティのパーティの参加したいチャーリー・ブラウンですが、宿題の「戦争と平和」の読書感想文が気になって…というストーリーです。

1986年の作品で、当時としては久々の原作回帰で年中行事物の復活作として期待されていました。期待にはある程度応えられていると思います。

午前零時、新年になった瞬間に一人にされたとお怒りのペパミント・パティ。「チャック!どこにいるの?」と叫んでいましたが、いやアンタ、チャックがどこにいたか知ってたでしょ。あと、チャックを一人にしてスヌーピーと踊りに行ってたじゃん…と突っ込みどころはあります。

赤毛の女の子ヘザーが再登場しているところにも注目です。

気になったのが吹き替えなんですが、今回は英語音声のみだったようです。なんでなんだろう。今後の配信も気になるところです。

 

 

| | コメント (0)

2021.12.11

スヌーピーたちのクリスマスストーリーを観る

Apple TV+で"It's Christmastime Again, Charlie Brown" が配信開始されていました。

旧作のテレビスペシャルは、気が付かないうちに配信されているので気を付けないと。

20211211

邦題は「スヌーピーたちのクリスマスストーリー」。タイトルからチャーリー・ブラウンが抜けましたね。今までのApple TV+での邦題はちゃんとチャーリー・ブラウンを付けていたので評価していたんですが、これが「スヌーピーじゃないと人気が出ない」というような判断でないことを願います。

これは、クリスマスもののアニメ第2弾として1992年に作られたものです。1965年の作品がクリスマスの意味とか難しい内容だったので、本作は割とライトな日常的なクリスマスのエピソードになっています。まあ、悪く言うとただの原作の羅列です(正直、あまり面白くありません)。

クリスマスのアニメはあと2作あるので、来年再来年に順次配信していくのでしょうかね。

 

| | コメント (0)

2021.12.10

スヌーピープレゼンツ蛍の光を観る

Apple TV+で本日から配信開始した「スヌーピープレゼンツ蛍の光」を観ました。

20211210

いい作品でした。まさかの感動作。

ルーシーが自分でクリスマスの飾りつけをしたり、嫌われているんじゃないかと悩んだり、失敗して落ち込んだり、なんだか普通の女の子っぽい。

こういうルーシーもいいもんですな。

願わくば、このレベルの作品を年1作づつでも発表してくれないものか…

| | コメント (0)

2021.12.02

新作スペシャル配信決定

Apple TV+で、12月10日に新しいスペシャルが配信されることが判りました。

邦題は、「スヌーピープレゼンツ蛍の光」

20211202

ルーシーが主役のホリデー・スペシャル。

いやー待ってましたよ。「スヌーピー宇宙への道」とか「スヌーピーのショータイム」とか、確かに新作は作られてきましたが、私が待っていたのは所謂TVスペシャルでした。うれしいなあ。

楽しみに待ちます。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧