« The Peanuts Movie の各国のタイトル | トップページ | 13歳からのきみへ スヌーピーの自分らしく生きることば »

2024.06.08

「スヌーピーのハッピーキャンプ」監督の取材記事

「スヌーピーのハッピーキャンプ」の監督兼エグゼクティブ・プロデューサー、ロブ・ブティリエの取材記事がANIMATION MAGAZINEというサイトに掲載されていました。

この人は、「スヌーピーのショータイム!」や「スヌーピー宇宙への道」の監督を務めていて、その他「キッドVSキャット」や「エド・エッド・エディ」などの有名作品もやっているんですな。中々のキャリアの人です。

まず、この記事によりますとエピソードは全部で10個のようです13話でした。他のシリーズよりは若干少ないですね。ただ、「スヌーピー宇宙への道」より1エピソードあたり2分長いとのことです←厳密には1エピソード2話構成で、その1話が2分長いということでした

「スヌーピーのハッピーキャンプ」の企画は、「スヌーピーのショータイム!」のシーズン3制作中にスタッフ(ライター)のスコット・モンゴメリーが思いついたんだそうです。「スヌーピーのショータイム!」でもビーグルスカウトのエピソードはいくつかありますが、シリーズにすればもっと笑いが引き出せると考えたようです。

今回のシリーズは、スヌーピーとビーグルスカウトの冒険を描くのが主で、そこに子供たちのキャンプを描いたものや、ビーグルスカウトたちが子供たちのキャンプにやって来るといったエピソードが挟み込まれる、というような感じのようです。基本的にはスヌーピーたちと子供たちは別の場所で別行動をしているということです←同じ場所でした!

監督曰く、自身が子供の頃に見ていたクラシック・スペシャルに近いものになった、とのことですが、どんな感じでしょうかね。

その他、「友情、忍耐、自然の驚異への敬意といったテーマが観客の心に響くことを願っています」なんてことも言ってます。今までの「スヌーピーのショータイム!」でのビーグルスカウト・ネタを観てきた限りですと、大抵はスヌーピーが頑張ってリーダーシップを発揮しようとするもののヌケサク鳥たちが言うことをきかなかったり悪戯をしたり単におバカだったりしてスヌーピーがイライラする、といった内容でしたので、そういうのは多分ここではなくてチャーリー・ブラウンたちのキャンプの方で描かれるんだろうな~と想像します。

ともかく、いい話になっていることを願います。

|

« The Peanuts Movie の各国のタイトル | トップページ | 13歳からのきみへ スヌーピーの自分らしく生きることば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« The Peanuts Movie の各国のタイトル | トップページ | 13歳からのきみへ スヌーピーの自分らしく生きることば »