« クリスマスイヴ朝活 | トップページ | ハングルのコンプリート・ピーナッツ »

2018.12.25

ヴィンス・ガラルディの「チャーリー・ブラウンのクリスマス」を聴く

今日はクリスマスです。

この歳になるとイヴよりも25日のほうが重要な気がして、25日は毎年有休を取っています。

イヴは夜だけあればいい(今年は休日でしたが)。25日はプレゼントを開けた娘たちの喜ぶ顔が見たいし、一緒に休日を過ごしたい。そんな気分ですな。

・・・・・・

今更なんですが、やはりこの季節はこの盤を聴かなければ。

20181224_052923

ある著名なジャズ評論家が「ジャズはベースだ」と言ったりしていますが、これもジャズなので低音をブイブイ効かせてスピーカーの真ん中に座って聴くと、パワフルになってイイですな。
 
私は写真の2006年版のCDが愛聴盤です。今流通している赤い縁取りの盤は、最後にハロウィンと感謝祭の曲がボーナストラックで入っていますが、この盤は4曲のボーナストラックがすべてクリスマスがらみなので、最後までクリスマス気分で聴けます。
 
・・・・・・
 
あと、忘れてはいけないのが本家アニメ版の方。
 
チャーリー・ブラウンはクリスマスだってのに全然わくわくしない。一体クリスマスって何なんだ…。
まあストーリーを語るのは野暮ですが、シーズンになるたびに繰り返し観たい作品です。

|

« クリスマスイヴ朝活 | トップページ | ハングルのコンプリート・ピーナッツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10482/67509979

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィンス・ガラルディの「チャーリー・ブラウンのクリスマス」を聴く:

« クリスマスイヴ朝活 | トップページ | ハングルのコンプリート・ピーナッツ »