« ミュージアム存続! | トップページ | スヌーピー朝活に参加してきた »

2018.08.18

短い夏だったね、チャーリー・ブラウン

ミュージアム存続万歳。

・・・・・・

8月ももうすぐ終わりか、ということで、アニメ「短い夏だったね、チャーリーブラウン」を観ました。

当然というか、谷啓吹き替え版(複製)です。
 
この作品は夏休み明けの朝から始まって、夏休みに何をやったかの宿題が出され、宿題をしながらキャンプでの出来事を回想する形で話が進みます。
 
キャンプは男子と女子とで色々と競技をするのですが、男子ぼろ負け。最後に起死回生でマスクド・マーヴェルの腕相撲に賭けるのですが…。
 
カートゥーン・ネットワークではちゃんと放送していたと思いますが、DVDでは宿題が出されるくだりを一切カットしてしまっていて趣の違う作品になってしまっています。
 
ライナス「それにしても、短い夏だったね、チャーリー・ブラウン」
チャーリー「これから長ーい冬がやってくるんだなあ…」
 
という締めの名シーンもカットされてしまっているのです。せっかくのDVDなのに残念。
 
TVスペシャルとしては60年代最後の作品、音楽はヴィンス・ガラルディで、ジョン・スコット・トロッターのアレンジが聴ける最後の作品でもあります。

|

« ミュージアム存続! | トップページ | スヌーピー朝活に参加してきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短い夏だったね、チャーリー・ブラウン:

« ミュージアム存続! | トップページ | スヌーピー朝活に参加してきた »