« チャーリーとローラ | トップページ | 今更、スヌーピー in GINZA開催の発表について »

2018.07.15

ビリー・ジーン・キングの本

昨日の「王様のブランチ」でビリー・ジーン・キングを題材にした映画が公開されている事を知りました。

ビリー・ジーン・キングといえば、シュルツ氏と親交があり、コミックの中に何度も名前が出てきた有名テニス・プレイヤーであります。

20180715_081748

こんな本も出ています。

|

« チャーリーとローラ | トップページ | 今更、スヌーピー in GINZA開催の発表について »

コメント

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」ですね?見てきましたよ。なかなか面白かったです。ルーシーが女の子でも力強く描かれだしたころ、各界でも女性が力強くなっていったのですよね。なんだか最近はこの時代よりも前の時代に逆戻りしてる気がします。テレビも新聞も女性は男性の扶養家族であること前提でモノを言ってる気がします。

投稿: 卓 | 2018.07.16 17:20

そう、その映画です。面白そうですよね。歴史的事実ですから結果は知っていますが、観てみたいです。

私の近辺では女性管理職は増えてきていますね。仮に地位は低くても、精神的には女性に支配されているというような感覚でいますよ私は…ははは。特に家では。

投稿: TOSHIKI | 2018.07.16 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10482/66940029

この記事へのトラックバック一覧です: ビリー・ジーン・キングの本:

« チャーリーとローラ | トップページ | 今更、スヌーピー in GINZA開催の発表について »