« 2か月ぶりのスヌタウン | トップページ | PEANUTS RANKING BOOK (その2) »

2013.07.23

PEANUTS RANKING BOOK 購入(その1)

7月23日発売の「PEANUTS RANKING BOOK SNOOPYなんでもベスト10!」を購入いたしました。

 
ピーナッツの色々なベスト10、という企画であります。モノによってはベスト5でしたが。
こういう企画の選者に選ばれた方々が羨ましいですな。
 
・・・・・・
 
巻頭の10ページくらいは正直「なんじゃこりゃ」という感じでしたが、収穫もありました。サンデー版の1コマ目は「タイトル・フレーム」というんですね。
 
12ページ目からは本命のベスト10が始まりますが、最初は大谷芳照氏のスヌーピーの面白顔ベスト10。
3位にゾンビ・スヌーピーを入れるところが流石。でもこれ実はフランケンシュタインの怪物なんではないかと思います。誤って定着しないでしょうか…。
 
その次は、デリック・バング氏の6連発。これは読み応えがありました。さすがバング氏。内容が細かく、かつ端的。
同意しかねるところもありますが、それはまあ人それぞれですな。
しかし、いじわるキャラクターベスト5の3位、チボーの記述にバング氏らしからぬミスが!
あと、多分コメントと共に掲載しているカットは編集サイドのチョイスなんでしょうが、レアキャラクター8位のジョー・シュラボニクのカットの選択は、いかがなものかと。誤解を招きそうです。
 
そのあとは、SHEILAさん、甲斐みのりさん、渡辺シュンスケさん、といった選者によるベスト10が26ページまで。
 
28ページ目からはグッズ編が4ページで6点紹介されています。
売り上げ関連は、全般的に、なるほどな、と。
復刊してほしい本リクエスト10とかは、正直「それですか?」という感想です。
アニメ人気エピソードベスト10もなあ…。予想はしていたんですが、やはり2010年のカートゥーンネットワークの投票結果が流用されていました。これは個人的にとても辛いです。
 
その後は、グッズやイベント情報になっております。
 
あと、とじ込み付録の小冊子「スヌーピーの変装エピソード集」。
公式サイトやアマゾンの内容紹介では、『変装の初エピソードを収録』となっておりましたが、いささか語弊が(実際の小冊子では「初」と謳ってはいないものの)。
 
赤毛の女の子、ジョー・グランジ、テディ・ベア、ジョー・プレッピー、これら1回こっきりの変装を、果たして「初」と言っていいもんでしょうか。
 
更に言ってしまいますと、あのアフロのカツラは赤毛の女の子の真似ではないんです。
赤毛の女の子はアフロではありません。
 
・・・・・・
 
とりあえずざっくりと書いてきましたが、バング氏のページとか、ひじょーに掘り下げたい衝動に駆られますな。マニアックな話は大好きであります。
後日また、その辺を改めて書いてみようかと思います。

|

« 2か月ぶりのスヌタウン | トップページ | PEANUTS RANKING BOOK (その2) »

コメント

タイトルフレームってなかなか素晴らしいものがありますよね。単なる1コマ目であることもあれば、グッズに使えそうな奇想天外なものもあります・・・。単なる1コマ目であっても、普段のコマより大きいから、脇キャラまで描かれていたり・・・。
こればかりで1冊編集して欲しいと思いました。

投稿: 卓 | 2013.08.18 15:03

ツルコミックを読み始めたころは、最初の一コマが後の話と全然つながらない絵のコミックがあったりして困惑したものです…。
ハートをモチーフにしたものとか、集めたら結構よさそうですね。

投稿: TOSHIKI | 2013.08.18 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PEANUTS RANKING BOOK 購入(その1):

« 2か月ぶりのスヌタウン | トップページ | PEANUTS RANKING BOOK (その2) »