« 本家・初代チャーリー・ブラウンが新作ピーナッツ映画に苦言? | トップページ | 10~12月のカートゥーン・ネットワークでのピーナッツ »

2012.10.15

そういえば実写映画化権はどこにいったのだろう

今回のピーナッツの新作映画は、製作にブルースカイスタジオが入っているので、ひょっとしてCGアニメになるのでは?という可能性もあります(こっちの方が強い?不安…)が、実写ということはないでしょうね。

という事で(?)、そういえばピーナッツの実写映画化権はどこにいったんだろう?と、ふと思ったんでありました。

遠い昔、ピーナッツの実写映画化権に関する記事を雑誌で見た事があるんです。

内容は、ピーナッツの実写映画化権を巡ってスティーブン・スピルバーグとジョン・ヒューズが競い、結局ジョン・ヒューズが勝った、というものでした。

当時、ジョン・ヒューズは「ホームアローン」「カーリースー」「わんぱくデニス」と子供が主役の映画を制作しまくっていた時期で、これは有り得るなと思ったものでした。

スピルバーグはその頃「キャスパー」を作っていたような。

しかし結局実写映画は作られずに今日に至っております。

・・・・・・

ピーナッツの実写映画なんて!と思われる方も多いとは思いますが、私は「チャーリー・ブラウンという名の少年」のリメイクだったら結構いけるんじゃないかと思っております。

スペリング・コンテスト(スペリング・ビー)とタイアップして、クライマックでルーシーたちはESPNで生中継を観ている(実際のスペリング・ビーはESPNで放送されている)。
スヌーピーだけセルアニメの合成、若しくはスヌーピーの出演シーンは全部カットで(ストーリーは成立するはず)、子役俳優はあまり似てなくても可…。

ディズニーチャンネルで放送するような少年少女向けのいい映画になりそうな気がするんですが、どんなもんでしょう。

・・・・・・

あれ、勝ったのはスピルバーグだったかな??まさか幻を見たわけではないと思いますが。

|

« 本家・初代チャーリー・ブラウンが新作ピーナッツ映画に苦言? | トップページ | 10~12月のカートゥーン・ネットワークでのピーナッツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そういえば実写映画化権はどこにいったのだろう:

« 本家・初代チャーリー・ブラウンが新作ピーナッツ映画に苦言? | トップページ | 10~12月のカートゥーン・ネットワークでのピーナッツ »