« メットライフのスヌーピーのCMを観ました | トップページ | やはりブルーレイにすべきだった... »

2011.04.17

無き事を尤もと思うが吉か

ピーナッツの新作アニメ "Happiness is a Warm Blanket, Charlie Brown" の日本版DVDは出ない可能性があります。しかし、それを憂うのもなんだかな、という気もしてきました。

21世紀に入ってから制作されたスヌーピーのアニメは6本(今回のを含めれば7本)になります。これらはアメリカでは大体テレビ放映したのち1年後くらいにDVD化されてきましたが、日本では放送もDVD化もされませんでした。

たまたまこの2・3年、ワーナーさんのお蔭でアメリカと同内容のDVDがリリースされていたに過ぎない訳です。潤った状態に慣れてしまうとついつい贅沢になりがちでいけません。

ですからまあ、また昔に戻ったんだと思えばいいんですよ。

…ああ、皮肉っぽい。

 

ライセンス売上の世界的シェアは高いですが、それはあくまでグッズの売上のこと。「シュルツさんが創ったストーリー」への需要が著しく低いのは書籍の状況を見れば明らか。DVDが出ないのも尤もなことです。…皮肉ついでに。

|

« メットライフのスヌーピーのCMを観ました | トップページ | やはりブルーレイにすべきだった... »

コメント

 う〜ん、シュルツさんの世界観って日本では人気がないんですかね?
 言われてみれば、未だにCompletePeanuts日本語版出ませんし、ピーナッツブック再販されませんもんね。(海外ではピーナッツブックって今でも出版されているんでしょうか?)
 NHKのアニメからスヌーピーを知った私としては、シュルツさんの世界観って好きなんですけどねー。
 そう言えば最近はCSでしかアニメはやっていないから、最近の子供達はスヌーピーのアニメを見たこと無い子が多いのかもしれませんね。
 昔は「トムとジェリー」も地上波でやっていましたし、私達の世代は恵まれていたのかもしれませんね…。

投稿: ウッドさん | 2011.04.21 20:45

こんにちは。
海外の出版事情ですが、CompletePeanuts以外でも何かしら新しいものは常に出ているようですね。

それにしても…。
例えグッズがどんなに売れたとしても、それを下支えしているのは紛れもなくシュルツさんのストーリーなんだ、という事をライセンサーは忘れないでいてほしいものです。

投稿: TOSHIKI | 2011.04.21 21:55

TOSHIKIさん、こんにちは。

ワーナーさん、8/12に「Happiness is: スヌーピーと幸せのブランケット」を発売するようですね。
成海璃子がらみでしかニュースになっていないような気もしますが。

投稿: べるつく | 2011.04.25 12:05

ベルつくさん、情報ありがとうございます。

なんで成海璃子?と思ったら、ライナス役だったとは。

しかしワーナーさんは子役による吹替を捨てたんでしょうか。子役たちも折角いい感じになってきたのでそれはそれでちょっと残念ですが…。

投稿: TOSHIKI | 2011.04.25 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無き事を尤もと思うが吉か:

« メットライフのスヌーピーのCMを観ました | トップページ | やはりブルーレイにすべきだった... »