« 「恋するスヌーピー」のユードラ | トップページ | 月刊スヌーピーのバレンタイン記事 PART1 (1972年2月号) »

2011.02.06

スヌーピー、あの子をさがして

DVD「恋するスヌーピー」には、カップリングとして「スヌーピー、あの子をさがして」が収録されています。因みにこれもスヌーピーが探すわけではありません。カートゥーン・ネットワークでは「いつか会えるさ」のタイトルで放送されていますので、ご存知の方も多いでしょう。

これは "チャーリー・ブラウンの恋" 繋がりで収録されたんでしょうが、こちらのエピソードでは赤毛のアの字も出てきません。

チャーリー・ブラウンはフットボールのテレビ観戦で2秒映ったかわいい子に一目惚れしてしまいます。そんな彼に対しライナスは「君は毎週恋に落ちているじゃないか」と言います。ん?チャーリー・ブラウンってそんなんでしたっけ?ここでの彼はまるで別人のようです。

以降、チャーリー・ブラウンとライナス2人の "あの子" を探すロードムービーになっていく訳です。

最終的に見つかった "あの子" は、メリージョーという名前の子だったんですが、デザインがかつての赤毛の女の子ヘザーによく似ているというのは皮肉なものです。いや、ヘザーに似ているからこそ一目惚れしたんだと、そこまで深読みさせようという意図だったんでしょうか・・・って、違いますね。

・・・・・・

最初に目を付けたのがチャーリー・ブラウンなのに、それを奪ってしまうライナスは酷いんですが、彼は女の子が好きなんで仕方がありません。

コミックでは新登場のキャラにはすぐに惹かれ(フリーダ、トリュフ、ユードラ、リディア、タピオカ・プディング等)、アニメ・オリジナルの女子も今作のメリージョーの他、ジャニス、メロディメロディ、ミミ等、大抵ライナスが絡みます。

まあ、いつもすぐに醒めまてしまうんですよね。最後はリディアにも醒めていました。

|

« 「恋するスヌーピー」のユードラ | トップページ | 月刊スヌーピーのバレンタイン記事 PART1 (1972年2月号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スヌーピー、あの子をさがして:

« 「恋するスヌーピー」のユードラ | トップページ | 月刊スヌーピーのバレンタイン記事 PART1 (1972年2月号) »