2018.09.18

汚い言葉

以前記事にしたことがありますが、宝島社の「PEANUTS meets SPD」で、ライセンシーの方々が、「スヌーピーは大抵微笑んでいる」、「シュルツさんはハートモチーフをコミックで多用していた」、「シュルツさんは "Hand in Hand" というフレーズを気に入って使っていた」、とピーナッツを誤解した発言をされていました。

 
どのムックか忘れましたが、「ピーナッツには汚い言葉が出てこない」と言っている人もいました。
 
で、祥伝社新書「励まされたいときのスヌーピー」より。

20180918_193848

思いっきり出ていますよ。ライセンシー某さん。

ピーナッツを教育的な漫画かなにかと誤解している人がいるということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.17

ロイを誘ったPパティ

祥伝社新書から新刊が出るということで、既刊5冊を読み返したりしています。

20180917_091123_2

1971年の、ペパミント・パティがチャーリー・ブラウンをカーニバルに誘うという話。

消去法でチャーリー・ブラウンを誘ったと思わせておいて、赤毛の女の子の話をしたら傷ついてしまうという、女心は難しいですな。

それはそれとして、最初に誘ったのがロイで、次がフランクリンというのが当時のペパミント・パティらしい。やはりロイは重要な友達だったんだなあ。

しかし、チボーとかホセ・ピーターソンは誘う気は無かったんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.16

遂に書籍発売!

日本上陸50周年、遂にリイシューものの書籍が発売になります。

祥伝社からの6冊目の本です。恐らく、1983年から1986年までの選集になるんではないかと思います。

解説はパックン。10月1日発売、今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.15

いい人だね、チャーリー・ブラウンを観た

於、溝ノ口劇場。

20180914_184536

今回の配役は前回の「きみはいい人」と比べると、あまり有名でない役者さんだったんですが、良くまとまっていていいミュージカルでした。

小さい小屋とはいえ満員でしたし、うけるところはうけていたし。

女優によるスヌーピーってどうなんだろう、と思っていましたが、意外にはまっていました。

ルーシー役の人の泣きの演技、すごかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.14

いよいよ今日が初日

溝ノ口劇場の「いい人だね、チャーリー・ブラウン」は、いよいよ今日からです。

動画を見る限り、悪くなさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.13

そういえば

20180216173613

6月に行われたはずのサンタローザ・ツアーはどうなったんだろう。

定員30名で抽選だったはずですが、サイトの方ではその後のフォローが全然ありませんな。

体験記とかの記事も全然見かけません。

本当に実施されたんでしょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.09.12

ともだちってこういうこと のディスプレイ

今日は新宿に行きました。

 
たまたま書店に寄ろうとしたら、「ともだちってこういうこと」のディスプレイをみつけました。

20180912_162807

発売日から数えると、もう3週間はディスプレイしていることになります。

すごいなあ。

売り場の案内のPOPも付いています。で、売り場を確認すると、1冊しかありませんでした。何となく売れているように見えました。

職場の近くの某大きな本屋さんは平積みが全然減らないのになあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.11

処分できないビデオもある

20180911_220240

これはワーナーが販売権を持っていない作品なので、DVD化されていないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.10

ジョー・クールのテーマ

20180909_115459

処分する輸入VHSの中の1つ。

「There's No Time For Love, Charlie Brown」の世界的な有名な売り子のシーンのために買った物です。

というのも、このシーンが最初の谷啓版でのみ放送されて以降、カットされ続けてしまっているからです(ワーナーのDVDで復活)。

このシーンをカットしたため、見学会の帰りのバスに乗る時にスヌーピーの足が買い物カートに引っかかっているのが話が繋がらなくなってしまうんですがね…。

このシーンのBGMは「ジョー・クールのテーマ」なんですが、音声だけを取り出してiPodに入れたりしていたのも懐かしい話。

しかし困ってしまうのが(というか困りゃしませんが)、メインがマイベスト3(入れ替わりあり)に入る作品なのに、カップリングがワースト3に入っている作品だという事。一応恋愛つながりでこの2作にしたんでしょうが、うーむ。

因みに、パッケージで毛布を持っている女の子はメリー・ジョーというアニメ・オリジナル・キャラです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.09

《発売延期未定》ベイ・オブ・ゴールド~ザ・ミュージック・オブ・ヴィンス・ガラルディ Vol.3

コレクションの整理に手を付けたものの、新しいものが出れば結局買ってしまうという。これは性なんだろうなあ。
 
ジョージ・ウィンストンが「ザ・ミュージック・オブ・ヴィンス・ガラルディ」のVol.3を発売するそうです。3枚も出すとは、すごいぞジョージ・ウィンストン。でも、さすがに非ピーナッツの曲が増えそうな気がする…。
それでもあんまりネタがない出版状況に比べて、音楽の方は色々あって楽しみだなあ。
しかし、発売延期未定というのがちょっと。公式サイトにも情報が無いし。いつ出るんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.08

コレクション整理

ピーナッツに関しては、書籍(和書)、音盤、アニメのコレクターとして生きております。が、そろそろ余生も見えてきまして(?)もう少しコンパクトにしなければと思いはじめてました。で、とりあえずアニメのコレクションの整理を行うことにしました。

ピーナッツ・アニメはいろいろな吹替えバージョンが存在していて、市販されているだけでも、東映ビデオ、学研ビデオ、ポニーキャニオン、ワーナー・ホームビデオと色々あるのです。

まず輸入で買っていた "This is America, Charlie Brown" のVHSテープは、DVDが出たのでさようなら。

米パラマウントが発売していたDVDは "It's the Pied Piper, Charlie Brown" 以外はワーナー分(輸入含む)でカバーできるので、これらもさようなら。

ポニーキャニオン版DVDもワーナーのDVDがあるのでさようなら…と行きたかったんですが、 "The Charlie Brown And Snoopy Show #10" と "NASA" がワーナーで未DVD化なのと、ワーナーがNHK-BS音声を使ってしまったのが2編あるので、3・4・5・8・9巻だけさようならして、1・2・6・7・巻は残すことにしました。

レーザーディスクは、いずれ処分の方向で、とりあえず今回はスルー。
 
ちょっとすっきりしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.09.07

チャーリー・ブラウン役

映画「ルイスと不思議の時計」公式サイトより。

20180903115050

矢島晶子さんは「クレヨンしんちゃん」を降りたので、"しんちゃん役の"と紹介できなくなってしまった。では何と紹介すれば?の結果、こうなった模様。

まあ、「元しんちゃん役」と紹介しているサイトもあるにはありますが、一応公式がこれです。

さすがは全国放送というべきか、ショートアニメもメジャーになったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.06

ピーターラビット・プリスクール

20180905_161516

すごいなあ。こんな幼稚園ができるんだ。

・・・・・・

ピーナッツ幼稚園とかできたら人気がすごいだろうな。

まず、幼稚園バスのデザインは黄色いアレでしょう。教材は当然ピーナッツ。

でもって園児が"Oh, Good Grief" とか言ったりするのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.05

うるさい ほっといてくれ!

ピーナッツには名前があっても全然重要じゃないキャラ、名無しでも重要なキャラとかいます。

例えば、ロレッタなんて別に名無しキャラでもよかったと思います。
逆にリランの隣の子は名前があってもよかったんじゃないでしょうかね。
 

20180901_161414

さて、名無しキャラの"うるさい ほっといてくれ!"君。彼は重要キャラでも何でもありませんが、笑いを取ってくれるのでなんか好きなんですよね。

イーサンに名前があるなら、彼にも名前があってもいいじゃないか。しかし「うるさい ほっといてくれ!」しか言わないので名前は判らずじまい。

名無しキャラにも花束を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.04

カボチャ大王サントラ盤発売決定!

Itsthegreatpumpkincharliebrown

なんと、「チャーリー・ブラウンとカボチャ大王」のサントラ盤が発売されることになりました!

これはビッグニュース!

17トラック収録で、発売は10月5日。日本盤は出るかな?

「クリスマス」と違って、初めから商品化を想定して録音されているわけではないので、音質はある程度悪いでしょう。しかし、そんなことはどうでもいい、嬉しい!

この調子で来春には「ヴァレンタイン」のサントラとか、出たらいいなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.03

スヌーピー朝活に再び参加してきた

9月2日、スヌーピー朝活に再び参加させていただきました。

20180902_094354

写真は我が家のシュローダーとながびーぐるさんのルーシーです。

またまた楽しい話を色々させていただきました。

私はツイッターなどSNSをやっていないので、この場で御礼申し上げます。皆さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.02

PFC更新

PEANUTS Friends Club から会員更新のメールが来ました。

 
うっかり自動更新してしまった。まあいいか。
 
結構惰性です。
 
ぬいぐるみのお着換えと会報年2回だけで5000円はぼられている気がします。
そう思われている会員の方は少なくないのでは?
 
何かもっと会員になって良かったと思わせる仕掛けが欲しいですな。
抽選特典ばっかりですもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.01

Complete Warner Bros.-Seven Arts Recordings

9月になりました。

ヴィンス・ガラルディの7月に発売になった "Complete Warner Bros.-Seven Arts Recordings" というCDをやっと入手しました。

20180830_202612

 
ヨーロッパのレーベルからの発売で、そのせいかamazonでもタワーでも扱いが無かったのです。
 
内容は、ガラルディの3枚のアルバム "Oh, Good Grief !" , "The Eclectic Vince Guaraldi" , "Alma-Ville" と4曲の未発表曲を2枚組CDにしたというものです。
 
未発表の4曲中3曲はカヴァー曲でした(実はガラルディはピーナッツ関係のアルバム以外はカヴァーが多いのです)が、1曲だけオリジナルがありました。
"The Share Cropper's Daughter" というタイトルのその曲はメロディをピアノと口笛でユニゾンするという、「ミステリーだよ、チャーリー・ブラウン」に近いサウンドでした。
こんな名曲が埋もれていたのか、というようなレベルではありませんが…。
 
2018年になっても、まだ未発表曲が出てくるヴィンス・ガラルディ。
何よりも、まだ需要があるというのがすごいし嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.31

スクラッチアート3

一昨日の続きです。

その後の某大きな本屋さんですが。

20180831_120154

どーんと平積みされておりました。今時ピーナッツの本がこんなに大量に陳列されることはまず無いでしょうな。

しかし、シリーズ売上No.1が多すぎる…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.30

タウンミニとムーミンショップ

久々に八重洲のタウンミニに行ってきました。

 
おすすめコーナーの棚がものすごい歯抜けになっていましたが、何か良く売れていたんでしょうかね。
 
・・・・・・
 
今まで何度も行っていたのに、隣にムーミン・ショップがあることに今日初めて気が付きました。
いかに周りを見ていないかが良くわかります。
 
スニフのグッズを求めて店員さんと話をしていた初老の男性がいたのが印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«スクラッッッチアート