2022.12.31

2022年私的ピーナッツ10大ニュース

今年も残り少なくなりました。

私的ピーナッツ10大ニュース。

 

1.シュルツさん生誕100周年
・・・死ぬまで読み続けます

2.「チャーリー・ブラウンのクリスマスの靴下」発売
・・・年末恒例河出書房新社の新刊出版

3.Apple TV+で新作アニメ配信
・・・名作でした 来年以降も期待

4.I💛SNOOPYオフ会開催
・・・リアルで会うのはいいですね ジミパラさん閉店は残念

5.シュルツさん、故人長者番付4位から10位に急降下
・・・グッズの売り上げが下がっている?人気に陰り?

6.5枚組CD「A Charlie Brown Christmas Super Delux Edition」発売
・・・マニアックな好企画盤

7.初代チャーリー・ブラウン声優、ピーター・ロビンスさん死去
・・・ご冥福をお祈りいたします

8.松島みのりさん、滝沢久美子さん死去、昭和のピーナッツ声優相次いで
・・・ご冥福をお祈りいたします

9.ディズニーチャンネルで映画「アイ・ラブ・スヌーピー」放送
・・・制作スタジオがディズニーに買収されたので、この映画はディズニー映画になりました

10.スヌーピー・ミュージアムに行かず
・・・図録だけ町田紀伊國屋書店で買いました もう行かないかも

 

2023年もよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0)

2022.12.25

シュルツさん、故人長者番付で昨年4位から10位に急降下

毎年恒例フォーブスの故人長者番付ですが、シュルツさんは昨年4位から10位へと大きく順位を落としました。

2001年から2021年までの間、2009年の6位が最低で、ずっとベスト5に入っていたのですが、何が起こったのでしょうか?

金額も、4000万ドルから2400万ドルと大幅減です。

これは端的に物が売れなくなってきているということでしょうかね。

ピーナッツの人気に陰りが出てきたとしたら、それは残念ですね。

 

| | コメント (0)

2022.12.24

A Charlie Brown Christmas Super Delux Edition を聴く

20221224_150346

A Charlie Brown Christmas Super Delux Edition を購入、聴きました。

アメリカは元々CDは日本に比べて安いんですが、5枚組で13000円というのには最初驚きました。円安か?とか思いましたが、現物の装丁を見て納得しました。これは豪華。

Disc-1は、「チャーリー・ブラウンのクリスマス」の2022年ミックスと、オリジナル・ミックスを収録しています。

2022年ミックスは、流石に「リボルバー」のように劇的に変貌してはいませんでしたが、オリジナルに比べてだいぶ聴きやすくなっています。

Disc-2~4は、日ごとのセッションを収録しています。

セッションを重ねるごとに完成へと近づいていく様がよくわかって興味深いです。

"What Child Is This" などは、スローから一度ボサノヴァになって、そこであのイントロができて、またスローに戻る、というふうに試行錯誤しているのがよくわかります。

"Christmas Time Is Here" は、最初は歌詞が無いんですが、その日のうちに歌詞付きヴァージョンが完成します。

オリジナル・アルバム未収録の「ジングルベル」(シュローダーが弾くシーンの)は、アニメ同様ピアノ、オルガン、トイピアノのヴァージョンがすべて収録されています。

Disc-5は、ブルーレイ・オーディオになっていて、これは聴くことができませんでした。

まあマニア向けの商品なのでお勧めはできませんが、「チャーリー・ブラウンのクリスマス」を突き詰めたい人にはいいんじゃないでしょうか。

てな感じで。

 

| | コメント (0)

2022.12.16

ベートーヴェンの誕生日

今日12月16日はベートーヴェンの誕生日です。

20221216_141405

シュローダーとともに、ルートビアを飲みながら、第九を聴いて祝います。

レコード左は、イッセルシュテット指揮ウィーフィルの1965年録音盤。正当な演奏ですが、ちょっと音が細い。低音は効いていますが。第四楽章のプレストは、フルトヴェングラーほどではないですが、ちょっと早めです。

レコード右は、カラヤン指揮ベルリンフィルの1962年録音盤。イッセルシュテットよりも古い録音ですが、結構迫力があり、さすがドイツ・グラモフォンというかんじですな。

「レコード芸術」はどちらも2020年のもの。この年は、ベートーヴェン生誕250周年だったんですが、コロナのせいで今一つ盛り上がりませんでした。憎きコロナ。2027年は、没後200年なので、ちょっとは盛り上がるといいですなあ。

500mlペットボトルのルートビアは、ミリオンという会社の自販機で買うことができます。100円です。A&Wの缶入りのヤツに比べると、炭酸が弱いような感じがしますが、おいしいです。

てな感じで、毎年12月16日はベートーヴェンを聴くのでした。

 

| | コメント (0)

2022.12.14

チャーリー・ブラウンのクリスマスの靴下を読む

20221214_141954

年末恒例、河出書房新社がピーナッツの書籍を発売しましたので買いました。

タイトルは「チャーリー・ブラウンのクリスマスの靴下」。

"チャーリー・ブラウン"ですよ。書店で「スヌーピーの新しい本ないですか?」と訊いても、気の利かない書店員さんだったら見つけられないでしょうな。

内容は、60年代に雑誌に掲載されたシュルツさんの書下ろし2本をまとめたものです。

あっという間に読めてしまうのですが、私としては満足です。プレゼントなんかにもいい本だと思います。

昨今、欧米ではクリスマス前に靴下を吊るす習慣はまだ生きているんでしょうか?というようなことを思いつつ。

てな感じで。

 

| | コメント (0)

2022.11.26

シュルツさん生誕100周年

ハッピーバースデイ、シュルツさん!

生誕100周年おめでとう!

ワタシはあなたのギャグセンスが大好きです。

今後も読み続けていきます。

…似たようなことをツイッターで呟きましたが、一応ブログでもやっておきます。

とにかくですね、小学校4年生の時のあの出会いがなければ、こんなにピーナッツにはハマっていなかったと思います。

「この世にこんな面白い漫画があったのか!」と、電流が走るようでしたからねえ。

ああ、70年代のピーナッツ第一次ブームが懐かしい。クラスのみんなが読んでましたからねえ…言いすぎかな?でも読んでる子はたくさんいましたよ。今の小学校じゃ誰も読んでないでしょう。寂しい事です。

今は世の中が悪いので、無理に小学生に読ませても、ひねた解釈とかしそうで怖いです。

普通に読んで、面白かったら笑えばいいんだよ、と伝えたいですな。ピーナッツはお笑い漫画なんだから。

魂のこもっていない限定グッズなんぞ買わずに、コミックを読んでシュルツさんの偉業をたたえましょう!!

 

 

| | コメント (0)

2022.11.24

今日は感謝祭

今日は感謝祭ですな。

ということは、明日はクリスマスツリーを出す日です(我が家のルール)。

まあそれはそれとして、私が感謝祭なるものの存在を知ったのは、もちろんピーナッツのアニメです。

初めて観たのは1976年の3月30日。春休みの夕方でした。

感謝祭が何なのかは、劇中のライナスやマーシーのセリフで知ることが出来ましたが、日にちとかそういうことはわからず。さすがに月刊スヌーピーでも扱っていなかったですからね。

邦題は「チャーリー・ブラウンの感謝祭」で、既に感謝祭という日本名を使っていたんですな。キリスト教関係の人が何かやっていたのかもしれませんね。

てな感じで。

 

 

| | コメント (0)

2022.10.09

I love Snoopy オフ会に参加した

昨日10月8日、フェイスブックのグループ「I Love Snoopy」の管理人高橋さん主催のオフ会がジミーズ・パラダイスで開催されたので参加してきました。

ジミパラさんは何と11月で閉店してしまうそう。とても残念です。

家が近ければ、もっと頻繁に使わせていただいたんですがね。13時スタートの会に10時過ぎに家を出て遅刻するような所ですから。

私はジミパラさんでは常にビールを飲みます。ルートビアも飲めるんですが。

一応手ぶらでは何でしたので、LPを4枚持っていきました。色々とうんちくを語らせたりさせていただきました。

楽しかったですね。

11月にもオフ会がありますので、そちらも参加しようと思います。

 

| | コメント (0)

2022.10.02

ピーナッツ連載開始日

今日、10月2日はピーナッツの連載開始記念日です。

72周年ですな。

とはいえ何事も無し。

ところで。今度の10月8日のジミパラは参加します。

 

| | コメント (0)

2022.09.18

チャーリー・ブラウンのクリスマスのゴールド・ジャケット盤を入手

20220918_161912

「チャーリー・ブラウンのクリスマス」のゴールド・ジャケット盤を買いました。

いやー、かっこいいジャケットですね。

このアルバムを買うのは、CD・LP含めて12枚目になります。コレクターだなー。

ヨーロッパ盤とは聞いていましたが、イタリア盤でした。

マスタリングは1988年のものを使っているようですので、既に持っている何枚かのCDの方が音質は良いと思われますが、本盤は180g重量盤になっておりまして、この硬くてずっしりする質感は何となくそれだけでいい音がしそうなわくわく感があります。

早速聴きましょう。

てな感じで。

 

| | コメント (0)

2022.08.13

「ようこそ!ルーシーの学校へ」を観る

20220813

8月12日にApple TV+で配信された新作アニメ「ようこそ!ルーシーの学校へ」を観ました。

2作目のルーシー・メイン作品です。ルーシーは頑張った挙句、残念な結果になります(またしても)。

今作では、どうやら面々はハイスクールへ進学する設定のようです。後半、新学期の登校シーンでカバンがバックパックになっている事でもわかります。

新しい学校へ行くのが怖いルーシーは、試験に受かれば学校に行かなくても済む方法を図書館で得ました。作中でこれについて詳しい説明が無かったんですが、恐らくアメリカでは説明が不要なほど飛び級が一般化しているのでしょう。日本人にはちょっとわかりづらいですね。

わかりづらいといえば、夏休みが40日で学期の切れ目でしかない日本人には、アメリカの夏休みというのは想像しがたいものですな。この作品を観ていても、開放感の度合いが全然違うように思います。

スクールバスでハイスクールに行く途中、小学校の前を通りますが、そこにサリーやスリーやフォーといった若年組がいるというのはこだわってますネ。ただ、バスの中にユードラがいますが。

あと、ペパミント・パティがルーシーに話しかけるとき、原語ではちゃんと「ルシール」と言っているのに、吹き替えでは「ルーシー」になっていました。ここは残念な点です。

てな感じで。次回作にも期待です。

 

| | コメント (0)

2022.08.11

小林清志さんの事

小林清志さんはピーナッツとは全く接点がありません(ルパン・ファミリーの方は誰もピーナッツアニメには出てません)が、ちょっと思うところを書きます。

私はアニメの「ルパン三世」の第1期がとても好きです。初めて観たのは第2話「魔術師と呼ばれた男」。兄貴と二人で大爆笑して観ていました。

何故あの渋い第2話が大爆笑なんだ、って思われるでしょうが、

「銃が効かないパイカルに対し、ミサイルをぶっ放す、ミサイルをもろに受けたパイカルだったが、しかし彼はゆるりと起き上がる。」ここで次元が「どうかしてるぜ、あんちきしょう」と呟くんですが、ここで大笑いですよ。カッコイイ次元が渋い声で「どうかしてるぜ、あんちくしょう」とつぶやくというのがカッコ良くて、それで笑っちゃうわけなんですけどね。

自分は「カッコイイ=おもしろい」というものに結構はまってしまうものなんだな、と思ったのが、その数年後に出会った「ピーナツブックス」です。

子ども向けの漫画のような体裁をしておいて、セリフが気障でカッコ良くて笑えるのです。ほんとに笑いました。その気障でカッコイイせりふを日常会話にも使い始めたりしました(小学生が「彼は」とか「彼女は」とか言うんですからおかしいですよね。)でも自分的にはそれが気障でよかった。変わってたと思います。私の小学校高学年はピーナッツ一色でしたね。

そういう私の基礎を作ったのは、小林清志さんかもしれません。ご冥福をお祈りいたします。

 

| | コメント (0)

2022.08.10

スヌーピーの誕生日

今日はスヌーピーの誕生日ですな。

東京キャラクターストリートのタウンショップをちょっと覗きましたが、通常営業でした。

一応、ハッピー・バースデイ・プレゼント・キャンペーンのポスターは貼ってありましたが、積みあがった商品で半分隠れていました。

盛り上がってませんな。(関係ありませんが、隣のくまのがっこうショップ、あいはらひろゆきさんの追悼文くらいは貼っていると思いましたが、それも無く。みんな作者へのリスペクトが足らんなあ…)

このブログでも毎年書いてきましたが、そもそも後付けの設定ですのでね。個人的に特に感慨は無いわけで。

とはいえ、うちに帰ったら、ピーナッツのレコードを聴こう。そう思いました。

 

| | コメント (0)

2022.08.09

スヌーピー・ミュージアムの図録を買う

20220809_183848

スヌーピー・ミュージアムには久しく行ってません。もう行かないかもしれませんが。

しかし、紀伊国屋書店で図録を売っているという情報を得ましたので、図録だけは買いました。

前回と今やっているヤツの2冊です。ぼちぼち読んでいます。

それはそれとして。

20220809_183937

前回の展示「しあわせは、みんなの笑顔」の図録からですが、この文章を書いたのは誰だ!

チャーリー・ブラウンは笑われても自分もおかしくて笑っちゃう?

チャーリー・ブラウンも笑われたら普通に傷つくと思いますが。なんかこれだと、馬鹿にされてもヘラヘラしているマヌケのうすのろみたいじゃないですか。彼は絶対にそんなキャラじゃないぞ。

ピーナッツで笑いをテーマにしたとき、この”チャーリー・ブラウンに対する嘲笑”というのは避けて通れない問題です。これは推測ですが「ピーナッツ=誰も傷つけない笑い」みたいなイメージがあって、それを壊さないために敢えてこのような曲解を書いたんでしょう。

これ、会期中に誰も文句を言わなかったんでしょうか。情けない話です。

 

| | コメント (0)

2022.08.06

ジミパラさんに行ってきた

今日はジミーズ・パラダイスさんでスヌーピー・ファン交流会があるということでしたので参加させていただきました。

20220806_173921

メンバーは、フェイスブックのグループの皆さん。いつも読ませていただいてますが、実際に会うのは初めてでした。大阪からの参加者含む総勢5人でありました。

対面でファン同士の交流は久々でしたな。楽しかったです。

プロのドラマーの方がいたのですが、ジミパラでピーナッツの曲のライヴをしたいということをお話ししていました。聴きに来ますので、ぜひ実現してほしいです。

てな感じで。

 

 

| | コメント (0)

2022.06.20

フリーダ声優滝沢久美子さん死去

1984年公開の劇場版アニメ「スヌーピーとチャーリー・ブラウン」でフリーダ役をつとめていた滝沢久美子さんがお亡くなりになりました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

| | コメント (0)

2022.04.16

スヌーピープレゼンツ:それは小さなことだけどを観る

昨日4月15日、Apple TV+でピーナッツの新作アニメ「スヌーピープレゼンツ:それは小さなことだけど」が配信されました。

20220416

前作の「蛍の光」からわずか4か月での新作。ありがたやありがたや。

今回はサリーがメイン。チャーリー・ブラウンのピッチャーズマウンドに咲いたタンポポが好きなってしまったサリー。おかげで野球の練習もままならない。ルーシーまで便乗し、球場はさしずめフラワー・チルドレンの集会のようになってしまう。

中盤の挿入歌の部分でサイケになるのは、本当にヒッピー・ムーヴメントを意識しているのかもしれません。ちょっと「フィニアスとファーブ」っぽくも感じました。

タンポポがあんなことになっても発狂しないのは今一サリーっぽくはないですが、それは前作「蛍の光」のルーシーも同様、キャラクターの別の一面を見せる演出でしょうか。

あと、チャーリー・ブラウンが大人だなーと感じました。自分もいい年ですが、同じようなシチュエイションになった場合、果たして妹にどんな態度で接せられるだろうかと考えてしまいました。サリーも素直でいい子。

またしてもいい作品を観させてもらいました。

Apple TV+に移ってからずっと音楽を担当しているジェフ・モロウもいい仕事をしてますな。

その他、モブキャラに懐かしいマイナーキャラが多数出演。

 

| | コメント (0)

2022.04.13

ライナス声優松島みのりさん逝去

昨日訃報が流れましたが、声優の松島みのりさんが逝去されました。

松島みのりさんは、劇場版ピーナッツ・アニメの70年代の野沢雅子版と、80年代の松岡洋子版でライナス役を務められました。賢くて良い子そうな感じのライナスは、中々好感が持てましたね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

| | コメント (0)

2022.03.12

スヌーピーのショータイム:シーズン2配信開始

スヌーピーのショータイムの新シーズンが3月11日に配信開始されました。

とりあえず、エピソード1を観ました。

202203120941_20220312100701

相変わらずのお子様な内容なんですが、「蛍の光」のような作品も作ってくれるとわかったので、広い心で観ます。

一気見すると、5~6時間かかるので、まあゆっくり観ましょう。

ちなみに、今回からチャーリー・ブラウンとペパミント・パティの声優が変更になりました。

一聴して変わったとわかります。似た声の声優を起用するという意図は無いようですな。

 

| | コメント (0)

2022.03.03

ツルコミック「ビートル・ベイリー」全巻揃う

ツルコミックの「ビートル・ベイリー」全10巻が揃いました。

20220303_180207

「ビートル・ベイリー」はキャンプ・スワンピーを舞台にした軍隊物の日常漫画です。

作者は、モート・ウォーカー。ウォーカーはシュルツの2歳年下ですが、シュルツさんよりも先に芽が出ていたようです。「ビートル・ベイリー」が連載開始したのは「ピーナッツ」と同じ1950年ですが、当時既に全米漫画家協会の会員になっていました。で、シュルツさんが会員になれるように奔走したのもウォーカーです。ついでに、1952年に最初の「ピーナッツ」の単行本が出版されたとき、『あいつが本を出した!?』と思ったといいます。

「ビートル・ベイリー」は、私が幼稚園の頃、テレビでアニメをやっていました。私が最初に好きになった海外アニメでもあります。記憶違いでなければビートルの声は小宮山清だったような。

 

| | コメント (0)

«かくて終わりぬ